• トップ /
  • 矯正歯科の治療期間とは

矯正歯科治療にかかる期間の長さ

歯科医と歯科助手

矯正歯科は、歯の中でも特に歯並びを治療するところです。虫歯や歯周病といった歯そのものの病気を扱うのではなく、歯列を整えることを目的にしているのが特徴です。普通の虫歯や歯周病の治療期間もそれなりにかかりますが、歯並びの矯正は年単位でかかることが多いです。効果が高いのは子どもの時期で、大人になると歯が動きづらくなるのでさらに治療期間がかかってしまうことが多いですが、矯正歯科を受診している大人もたくさんいます。具体的な治療方法としては、ワイヤーという専用の針金を歯の外側か内側に固定して、これで顎を広げたり、歯を引っ張ったり押したりしてずらしていきます。一度に引っ張るわけではなく、何日も何年もかけてゆっくり動かしていきます。歯並びの程度にもよりますが、歯列が大きく乱れている人だと子どもでも1年以上はかかってしまうことが多いです。大人になるとさらに動かしにくくなるので、時期を見てなるべく早めに治療を開始することが大切です。矯正歯科は歯並びを治すだけなので、虫歯治療などは同時にやってもらうことはできません。まずは虫歯を治すように指導されることもあるので、さらに治療期間がかかることもあります。しかし、やっておけば将来必ずやっておいてよかったと思えるでしょう。

 

↑PAGE TOP